ハンニバル・レクター博士の魅力 ハンニバル・レクター博士の魅力

マッツ・ミケルセン演じるハンニバル・レクター博士。映画とは違い、

色気ムンムンのレクター博士のその魅力にせまります。

『海外ドラマ版』ハンニバル・レクター博士の魅力にせまる。

 

凛っ!

 

海外ドラマ版のマッツ・ミケルセン演じるハンニバル・レクター博士。映画とは違い、色気ムンムンのレクター博士のその魅力にせまります。

あふれる気品。どこから観ても紳士のお手本のようなレクター博士。

『海外ドラマ版』ハンニバル・レクター博士の魅力にせまる。

『海外ドラマ版』ハンニバル・レクター博士の魅力にせまる。

 

なんといっても、レクター博士の最大の魅力は紳士のなかの紳士だという、その立ち振舞。
素敵なスーツを身にまとい、清潔感と落ち着きのある凛とした所作はまさに英国紳士のお手本のようなレクター博士。

 

社交ダンスも格好良くくコナシてしまう多才さ。
女性なら、エスコートされて嫌な気はしないはずである。

溢れんばかりの最強な知性。

『海外ドラマ版』ハンニバル・レクター博士の魅力にせまる。

『海外ドラマ版』ハンニバル・レクター博士の魅力にせまる。

 

元外科医でもあり、現在は著名な精神科医でもあるレクター博士。
レクター博士にとっては外国であるイタリア・フィレンツェでは鼻持ちならないイタリアの学者からの、ルネサンス以前の、フィレンツェなど知らないだろ?という意地悪な挑発に対して、、

 

『海外ドラマ版』ハンニバル・レクター博士の魅力にせまる。

 

ダンテのソネットの一説を引用して、公然と受けた辱めをあっという間に跳ね返し賞賛の拍手をもらうという、博学さ。メモなしでダンテについての講義をしろと言われてもタジロギもせず、快く引き受けた。

 

のちに、その意地悪な学者はいとも簡単にレクター博士の餌食となってしまうという、お粗末な結果に…。

プロ顔負けの料理の腕前。

『海外ドラマ版』ハンニバル・レクター博士の魅力にせまる。

 

元外科医ということもあり、ナイフさばきにその器用さと緻密さが溢れ出ている。
調理スタイルも、スーツのままキッチンを動き回る。

 

たくさん並ぶ食材すらも規律正しく美しく加工されていく。
それが人間の内蔵であってもだ。

 

『海外ドラマ版』ハンニバル・レクター博士の魅力にせまる。

 

レクター博士の食事会に招かれた人々は、みな一様に舌鼓を打っている。
レシピは多岐にわたり、民族料理や懐石料理にまで及ぶ。

 

『海外ドラマ版』ハンニバル・レクター博士の魅力にせまる。

 

先にレシピを決めてから、殺戮をする場合もあるようだが…。

気品と知性の裏側に持つ、猛獣のような凶暴性。

『海外ドラマ版』ハンニバル・レクター博士の魅力にせまる。

 

この凶暴性こそが、レクター博士たらしめる真骨頂である。

 

『海外ドラマ版』ハンニバル・レクター博士の魅力にせまる。

 

普段の落ち着きからは、考えられない程のアグレッシブな動き。

 

『海外ドラマ版』ハンニバル・レクター博士の魅力にせまる。

 

ほとばしる殺意。

 

『海外ドラマ版』ハンニバル・レクター博士の魅力にせまる。

 

殺し屋としても一流であろうレクター博士の戦闘力は、一度捉えた獲物は逃さない圧倒的な強さと迫力に満ちている。

 

『海外ドラマ版』ハンニバル・レクター博士の魅力にせまる。

※意地悪なフィレンツェの学者の残念な最期。

写真ではわからない、レクター博士の所作の優雅さ。

いかがでしたか?レクター博士の魅力が少しは伝わっていることを願います。

 

やっぱり写真ではわからない!実際に動いているレクター博士を観なけれがその所作の優雅さは伝わらないでしょう…。

 

2017年9月現在であれば、huluでも観れますしレンタルDVDレンタルでも観られます。

 

 

 

関連ページ

ハンニバル 海外ドラマ版/結末・ネタバレ感想
これこそを、ハンニバル・レクター博士は求めていたのだろう。稀有な存在である自分と同類であることを最初から見透かしていたウィル・グレアムにその本性を認めさせ、2人でまさにその時を味合う事を。。
『海外ドラマ版/ハンニバル』ベデリア・デュ・モーリア博士の裏の顔にせまる。
ハンニバル・海外ドラマ版ジリアン・アンダーソン演ずるベデリア・デュ・モーリア博士の裏の顔に迫りたいと思います。
【The OA】シーズン1ネタバレ感想
劇中、何度も出てくる【意志の力】これこそが、本作品で伝えたかったことなのではないだろうか。人間には、目には見えない知られざる(故意に隠された??)力がありそれは神が意図するものであること。そしてその力は、この現実世界に奇跡をもたらし状況は変えられるのだという事。
【ブレイキング・バッド】シーズン1〜5 ネタバレ感想
自分の我をとおし、家族にひどい思いをさせて憎まれても大金を残せる男。つつましく勤勉に一生働き、朗らかな家庭人だった父親だが借金しか家族に残せなかった男。ここに2人の男の人生が存在する。同じ男であるご同輩、どちらの男に男らしさを感じるだろうか?またどちらの男になりたいだろうか? そして女性陣、あなたがスカイラーだったらどちらの男を選びますか?
【ベター・コール・ソウル】シーズン3まで 観たネタバレ感想 『組織に馴染めない一匹な金のない弁護士』
墜落するのかと思いきや、ギリギリのところで機体を保ち低空飛行で何とかやり過ごす。やっと機体を持ち直したと思ったら、目の前には立ちはだかる山が!今度こそ絶対絶命かと思いきや、奇跡の上昇を見せるようなそんなジミーの毎日である。奇跡の上昇で何とか切り抜ける機体ではあるが燃料はほぼ入っていない。そこにこのドラマの面白さがあると思う。ブレイキングバッドのホワイト先生と同じような感じだ。